チェックポイント


もし、学資保険に加入しているのであれば、最低限、

・加入する目的
・誰が対象で
・何についてカバーする保険なのか?

これらは、チェックしてください。 無駄な保険にお金を払うのは、お金をドブに捨てているようなものですよ。

日本の学資保険は、学資保険ならぬ、ガックシ保険・・・_| ̄|○

日本のあるファイナンシャルプランナーが、 『教育資金を貯めるなら返戻率が100%を切らない商品を選ぶべき』 と書いていましたが、欧米では当たり前のことです。

今一度、学資保険に何を求めるのかをじっくり考えていただきたいと思います。

大切なことは、 「学資保険(こども保険)は教育資金を準備するための手段のひとつ」だということです。
前の画面へはブラウザバックでお願いします。
TOPへ戻る
Copyright(C)2009
学資保険ガイド