子供が3人の場合


たとえば、あなたのお子さんが現在0歳だとすると、大学卒業までに、

国公立大学(文系・理系):  656万円
私立大学(文系) :   867万円
私立大学(理系) :    1110万円

これだけの費用がかかるということです。 しかし、これは自宅通学の場合。

お子様が下宿して通学する場合には、

国公立大学(文系・理系): 1382万円
私立大学(文系) :     1592万円
私立大学(理系) :     1835万円

つまり、最大1835万円もの教育資金が必要になるんです!ちなみに、子供1人につきですよ。

仮に、子供が3人いたとしたら、

1835万円 ×  3 = 5505万円

・・・

5505万円って。。。

そんなお金をどうやって用意しますか?
この金額を貯蓄しながら、生活できますか?

普通の方であればほとんど無理ではないでしょうか。。。

・・・どうしましょう?

ただ、これからのご時勢、本当に準備をしていないと、 難しい時代に入っているのです。

賢明なあなたであれば、 すでに、気が付いていらっしゃるかもしれませんね。
前の画面へはブラウザバックでお願いします。
TOPへ戻る
Copyright(C)2009
学資保険ガイド